<部員数> 313人、211人、112

<活動日> 平日16001800  

※原則  土日  午前中 

(日曜or月曜 休み)

<監督> 小松広実(横浜緑ヶ丘高→筑波大学BKスタンドオフ)、関東協会公認B級レフリー)

<コーチ> 塩崎峻太郎(春日部高→West Virginia Wesleyan CollegeFWプロップ)、関東協会公認B級レフリー)

<年間ケジュール>

4月 関東大会予選(関東大会6月)

5月 国体予選

6月 7人制全国大会予選

7月~8月 練習試合・夏季強化合宿(長野県菅平高原)

9月~11月 全国大会予選(全国大会12月~1月)

12月~1月 新人戦

 1月~3月 練習試合・三送会

<クラブ概要>

   昭和45年に創部。昭和60年には、県3位の成績を収めています。卒業後、大学ラグビーで活躍する選手も多数輩出してきました。川口高校ラグビー部は、人々に元気を与える、希望に満ちたチームになるべく、人間としての成長と県優勝を目指して、日々の努力を大切にして頑張っています。

   <PR>

   川口高校ラグビー部は、ほとんどの部員が、高校からラグビーを始めています。※様々な競技からラグビーにチャレンジしています。激しいぶつかり合いのあるラグビーですが、日々の正しいトレーニングにより、安全な技能を身につけ、強靭な身体をつくることで、皆、立派なラガーマンに育っています。(地域代表選手7名、県選抜候補選手2名)

    ※現部員の出身競技

     サッカー7人  野球6人  バスケットボール5人  水泳2人  ハンドボール1人

   剣道1人  テニス2人   陸上2人  ラグビー2人  卓球2人

日誌

ラグビー部日誌

[ラグビー部]試合結果

【第99回全国高校ラグビー大会埼玉県予選】 

 <三回戦 対伊奈学園>10/14  13:00K.O.  昌平高校グラウンド

      5-14

 川口 5       28 伊奈学園

      0-14    (30分×2)

 

 全国大会県予選も3回戦まで来ました。これに勝つと準々決勝進出です。相手は上位シードの伊奈学園です。体のサイズが大きくフィジカルに勝る相手に、いかに戦うか、試される一戦でありました。

 結果は、上記のようになりました。後半20分まで、9点差をいかにつめて逆転するか、ヒリヒリとした展開の中、粘りのDFとATを繰り返しましたが、最後に突き放されてしまいました。

 

 これで、川口高校ラグビーは代替わりとなります。

 この代は、およそ1年前チームがスタートしてから今まで、本当に大きく成長したチームでありました。もし成長度合いで競うことがあれば、優勝かもしれません。本当によく考えて取り組んでいました。次世代がその姿勢をしっかりと引き継いでくれることと思います。これまで、ノダキャプテンの代をご支援くださいました保護者の皆さまをはじめ、全ての皆さまに感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

卒業生の活躍(ラグビー部)

11/3 関東大学ラグビーリーグ戦2部 立正大学vs国士舘大学

卒業生の金子元紀(1年)大野智明(3年)の2名が出場し活躍しました。

立正大学は残り1試合を残して2部の1位を走る強豪であり、100名を超える部員が全国から集まるチームです。

そのチームで2名の卒業生(右プロップ3番金子、フッカー2番大野)が出場したことは後輩たちの励みになります。

2部で優勝して、1部との入れ替え戦での勝利を期待します。

・強力FWのスクラム最前列中央の大野 その右が金子両先輩

3番金子先輩のサイズは180㎝105㎏、大学強豪チームの体の大きさには驚きます。

ラグビー部試合結果

【第99回全国高校ラグビー大会埼玉県予選】

 9月に入りました。全国高校ラグビー大会県予選(花園予選)が始まりました。年末年始に、大阪の花園ラグビー場で行われる全国大会の出場をかけ、県内36チームが優勝を目指します。

 

 <二回戦 対狭山工業>9/21  14:15K.O.  三郷工業技術高グラウンド

      21-0

 川口42      5狭山工業

      21-5   (30分×2)

 

 川口高校は、春の大会の結果から第10シードで二回戦からの登場でした。狭山工業高校の気迫のこもったディフェンスとアタックに苦しめられながらも、選手たちが落ち着いてゲームを運び、少しずつトライを重ねることができました。この日も、多くの保護者、OB、同級生の皆さまが応援にかけつけてくださいました。誠にありがとうございました。

 次戦は、

「三回戦 対伊奈学園 」10/12(土)13:00K.O.  於:熊谷ラグビー場Cグラウンド 

 です。がんばります。  

晴れ ラグビー部夏季合宿


  夏季強化合宿
 8月12日(月)~16日(金)長野県菅平高原にて、夏季強化合宿を行いました。他県の強豪校と試合をする中で、各自が、チームと自分を成長させるために、しっかりとチームと自分に向き合う時間を過ごしてきました。

 <試合結果>
 8/12 川口 14 - 19 神戸(兵庫)
 8/13 川口 19 - 24 天理DE(奈良)
 8/14 川口 21 - 47 興国(大阪)
 8/15 川口 33 - 17 茗溪学園BC(茨城)

 Aチームの試合は、上記のような結果でした。その他1年生試合等も行いました。選手たちが、「ゲーム→評価→修正→ゲーム…」のサイクルをしっかりと自律して回し、試合毎に前に進めていることを実感できたことで、試合結果以上に、意味のある合宿となりました。

 今年の合宿も、遠い菅平まで、保護者をはじめ多くの方々が激励に駆けつけてくださいました。おかげさまで、成果のある合宿にすることができました。誠にありがとうございました。

花丸 [ラグビー部]全国7人制県大会


 第6回全国高校ラグビー7人制大会埼玉県予選

<1次トーナメント> 6/15(土)熊谷Cグラウンド
  Gブロック一回戦:川口 31-5 狭山工業
  Gブロック決勝 :川口  7-5 伊奈学園
      Gブロック代表として決勝トーナメントへ(ベスト8)

<決勝トーナメント> 6/16(日)熊谷Bグラウンド
  準々決勝:川口 12-14 川越東
   順位戦:川口 19-38 深谷


 6月も半ばを迎え、春シーズンの締めくくりは、全国7人制大会県予選です。県内38チームが参加し、7月に長野県菅平で行われる全国大会への出場切符をかけ、6/15(土),16(日)の二日間で、優勝を争いました。川口高校は、3年生を中心にメンバーを精選し、大会に挑みました。

 1次トーナメント、現在、県10シードの川口は、7シードの伊奈学園と同じGブロック、翌日の決勝トーナメントに進むためには、上位シードの伊奈学園に勝つ必要があります。結果は、上記のようになりました。ブロック決勝の伊奈学園戦では、前半から粘り強くDFをし、相手を1トライ5点に抑えて迎えた後半ノータイムに同点トライを奪うと、逆転となるコンバージョンも決め、勝利することができました。翌日の、8チームによる決勝トーナメントに進出です。

 決勝トーナメント準々決勝の相手は、第2シード川越東です。前日同様、粘り強いDFで相手を抑えつつも、のびのびとしたATでのトライもあり、前半7対14。後半、互いに無得点のまま迎えた残り30秒に、2点差となるトライを奪うも、同点となるコンバージョンを外し、間もなくノーサイド。惜しくも敗戦となりましたが、川口高校選手たちのプレー振りに、会場の皆様が暖かい声援・拍手をくださいました。誠にありがとうございました。

  ~夏休み部活動体験入部~
本校では、来る8月7日(水)9:00~部活動体験入部があります(中学3年生対象)。新たな種目にチャレンジしてみたい人やラグビーに興味がある人、もしくは、すでにラグビーをプレーしていてラグビー部のある高校を探している人、是非、この機会に本校ラグビー部に来てみてください! 申し込みは、本校ホームページ「中学生の皆さんへ」「夏休み部活動体験入部」のバナーからできます。是非、お越しください。

晴れ [ラグビー部]国体県予選


  【国体県予選】
 <一回戦:対不動岡> 5/25 伊奈学園G
       12-7
   川口47    7不動岡
       35-0

 <準々決勝:対深谷> 6/1 熊谷ラグビー場C
       5-41
   川口12    81深谷
       7-40

 <順位戦①:対熊谷工業> 6/5 熊谷ラグビー場C
       21-14
   川口40     33熊谷工業
       19-19

 <5位決定戦:対熊谷> 6/9 熊谷ラグビー場B
        7-14
   川口21     33熊谷
       14-19

 国体予選、南部地区予選を1位で通過した川口は、5/25からの県大会に挑みました。各地区予選を突破した16チームでの大会です。この県大会で4位以上だと秋の全国大会県予選においてBシード、5位~8位だとCシードとなります。(Aシードは、関東大会に出場している4チームです。今大会には出場していません。)

 結果は、上記のようになりました。一回戦を勝利し、準々決勝で敗れましたが、順位戦に回り、計4試合を戦ってきました。最終的には、6位で大会を終えることとなりました(Cシード獲得)。試合間隔も短く非常にタフな大会であり、部員全員の総力が試されましたが、タフな連戦を皆で戦い抜き、非常に良い経験ができました。この大会を通して、選手の自分自身でゲームに向かう力がついてくるなど成長を感じることができましたし、一方で、FW強化の必要性など課題も確認することもできました。これで、春の公式戦は終了です。(次週7人制の大会はあります。)秋に向けて、強化期間に入ります。より一層の成長をすべく頑張ります。


 

晴れ [ラグビー部]春季試合試合結果


【関東大会埼玉県予選】
 <一回戦 対進修館> 
  4/14(日) 13:00K.O.(熊谷工業G)
      29-0
  川口50     14進修館
      21-14   

 <二回戦 対昌平>
 4/20(土) 10:30K.O.(昌平G)
      3-43
  川口 3     100昌平
      0-57    

 春シーズンがスタートしました。最初の公式戦は、関東大会県予選です。各地区新人戦大会で出場を決めた32チームでの県大会です。1月の新人大会以降、様々な取り組みをしてきたものを試すべく臨みました。結果は、上記のようになりました。
 古豪進修館高校との一回戦では、川口得意のアンストラクチャーからの攻撃でトライを重ねることはできましたが、キックを交えてエリアをとっていくという点では、相手の蹴り返しに適切に対処できず、課題が残る一戦となりました。
 昌平高校との二回戦は、昌平高校の強さ速さの前に、接点での脆弱さが、明らかとなった一戦でした。川口もよく走ってDFをしていたのですが、接点でつながれ、ブレイクダウンで素早く継続されてしまいました。次の大会に向けて、今一度、コンタクトプレーの基本を見直すことにしました。

【国体南部地区予選】
 <準決勝 対合同チーム>
 5/3(金) 11:15K.O.(川口北G)
      56-0
 川口104     0合同
      48-0 (熊谷農業、深谷商業、日高、ふじみ野、朝霞西、浦和学院、秀明英光、川口青陵)


 <決勝 対大宮>
 5/6(月) 11:15K.O.(川口北G)
     12-7
 川口26     7大宮
     14-0 

 春シーズン二つ目の公式戦、国体予選です。関東大会に出場する上位4チーム以外のチームでもう一度県大会を行います。ベスト4に入ると、秋の全国予選のシードを獲得できます。まずは、地区予選から。各地区3位までが県大会に進めます。
 南部地区新人戦2位の川口は、シードで準決勝から。相手は、一回戦で浦和工業に勝ち上がってきた合同チームです。関東予選以降取り組んできた、タックルやブレイクダウンのスキルを発揮すべく臨みました。特にブレイクダウンの部分では、その成果が随所に見られた一戦となりました。
 地区予選決勝は、大宮高校との対戦でした。ハードタックル、強固なDF、激しいブレイクダウンが持ち味の大宮高校相手に、取り組んできたコンタクトスキルが試されました。スクラムで優位に立ち、接点でもしっかりとしたプレーができていました。そのような中から、いくつかトライを獲ることができました。

 南部地区優勝!地区予選1位通過での県大会進出となりました。県大会一回戦は、5/25(土)となります。頑張ります!

笑う [ラグビー部]ラグビー四地区対抗戦南部地区選抜


 <四地区対抗戦>3/16(土)、17(日)
 埼玉ラグビー界3月の風物詩、四地区対抗戦が行われました。埼玉県東西南北各地区代表チームによる対抗戦です。南部地区に所属する川口からは、南部選抜2年チームに7名、1年チームに6名が選出され、出場してきました。
 特に、2年選抜に参加したキタオはラインアウトの中心として、タイセイはフルバックとしてトライをあげるなど、南部の3位という結果に、大きく貢献することができました。
(写真は南部2年生選抜)

 このページを見てくれている新入生の君!
 御覧の通り川口高校には、ラグビー部があり、盛んに活動しています。高校から始める部員がほとんどで、皆、中学時代の他競技から、新たなチャレンジをこのラグビー部でしています。高校から始めたラグビーで、飛躍を遂げ、一流選手へと成長した先輩方もたくさんいます。
 高校入学を機に、新たな部活動を考えている君! 中学と同じ競技を続けることにモヤモヤしている君! ぜひ、このラグビー部でみんなと一緒に一旗あげませんか!

晴れ [ラグビー部]新人戦報告


 【 平成30年度新人大会 】
 先の、全国大会予選も終わり、ラグビー部も代替わりです。10月中旬、「キャプテン:2年ノダ 副キャプテン:2年ゴトウ」の新体制で、新チームがスタートしました。
 そして、最初の大会、新人大会(11月~1月)に臨みました。各地区予選から始まり、各地区3位までの12チームと全国予選ベスト4の4チーム、合わせて16チームでの県大会となります。

 <新人戦南部地区予選一回戦 対合同B>
   11月24日(土)11:00K.O. 川口北G
         55-0
   川口 111     0 合同B
         56-0  

 <新人戦南部地区予選準決勝 対大宮>
   12月23日(日)11:15K.O. 伊奈学園G
        12-12
   川口 33     26 大宮
        21-14  

 <新人戦南部地区予選決勝 対伊奈学園>
   1月6日(日)12:15K.O. 浦和工業G
        0-12
   川口 0     38 伊奈学園
        0-26         
   
    南部地区2位(県大会進出)

 川口高校は、地区予選からの出場です。上記のように南部地区予選を2位で終え、県大会へ出場を決めました。各試合ごとに、チームの成長を感じられる予選となりました。


 <新人戦県大会一回戦 対正智深谷>
   1月13日(日)13:00K.O. 立正大学G
         7-28
   川口 21     73 正智深谷
        14-45

               県大会一回戦(県ベスト16)


 地区予選決勝を終え、すぐ次週県大会一回戦が行われました。一回戦の相手は、北部地区1位の正智深谷です。DFを固め、それでいて、積極的にボールを動かすATで勝負を挑みましたが、上記のような結果となりました。県上位に進出するためには、まだまだ、課題があることが確認されました。

 これで、新人戦を終えました。次の大会は、4月の関東大会県予選になります。そこで、再度県上位にチャレンジするべく、課題を克服しようと、成長しようと、部員一同、現在燃えて活動しております。

[ラグビー部] 全国大会県予選



【第98回全国高校ラグビー大会埼玉県予選】
 季節も秋を迎え、高校生ラガーマンの総決算、全国高校ラグビー大会(花園)の県予選が始まりました。川口高校ラグビー部は、8月からの急成長の勢いをそのままに、上位進出を目指して臨みました。

 <一回戦 対合同D 進修館G11:45K.O.>
        27-5
  川口 41      5 合同D
        14-0
 一回戦の相手は、合同D(深谷商業・桶川西・熊谷農業)です。ラグビーが盛んな北部地区の合同だけあって、強いプレーヤーが数多くいます。川口は、合同のいいプレーヤーに仕事をさせないようキックを使って相手を背走させ、しっかりと相手陣地でゲームを進める堅いゲームプランで臨みました。
 試合は、開始からプラン通り、堅いゲーム運びで、相手の良さを出させないようにしながら、着実に得点を重ねることができました。キックチェイスのミスで失点をし、その辺りに課題を残したものの、反応の速さや個々の仕事量等、成長を感じられるゲームとなりました。


 <二回戦 対城西川越 進修館G14:15K.O.>
        7-0
  川口 12      10 城西川越
        5-10
 二回戦の相手は、Cシードの城西川越高校です。とにかくサイズがあり、付属中学ラグビー部からの選手も多く、勢いに乗せるとなかなか止められないチームです。川口は、一回戦同様、キックを使って相手を背走させながら、前に出るDFで相手の良さを出させないようにするゲームプランで、各上シード校を破るべく臨みました。
 試合は、前半5分WTBエダの起死回生のインターセプト独走トライで先制点をあげます。その後は、川口が相手陣地で攻撃を継続するものの追加点が奪えず、逆に城西川越の猛攻を受け、なんとか守り切る形で前半終了。後半、プラン通りのDFで城西川越の攻撃によく耐えていたものの15分、20分とトライを許し逆転をされてしまいます。しかし、25分No8イガラシがポイントサイドを抜け出し、SHイケムラにつなぎ独走、ゴール前まで運ぶと、最後はFLコンノがゴールに飛び込みトライ。なんとか勝ち切りました。ゴール差2点。トライを許しつつも端にトライをさせた粘りのDFが、勝利を呼び込みました。


 <三回戦 対伊奈学園 熊谷CG13:00K.O.>
        0-21
  川口  0      42 伊奈学園
        0-21
 三回戦です。これに勝利するとベスト8。上位進出が見えてきます。相手はBシードの伊奈学園。サイズのあるFWにスピードあるBKを擁し、ここ数年常にベスト8以上をキープする強豪です。1,2回戦のように、DFだけで、勝つことはできない相手。キックとタックルでエリアをとりつつ、果敢にボールを動かすプランで、シード校撃破に挑みました。
 試合は、前半、川口の前に出るDFが功を奏し、一進一退の攻防となりました。しかし、20分川口DFのほころびを伊奈学園13番に突かれトライを許すと、立て続けに2本のトライを許してしまい前半0対21。後半も、随所に川口のタックルや粘りが光る場面があったものの、徐々に3本のトライを許し、0対42で試合終了となりました。点差こそ開いたものの、内容としては、最後まで、拮抗した攻防が繰り広げられたゲームでありました。

 これで、川口高校ラグビーは代替わりとなります。次世代が、ここまで成長できたことを引継ぎ、足りなかったところを克服、川口高校ラグビー部がさらなる進化を遂げるべく、伝統のバトンが引き継がれました。これまで、イガラシキャプテンの代をご支援くださいました保護者の皆さまをはじめ、全ての皆さまに感謝申し上げます。誠にありがとうございました。
ラグビー部
4 7 1 6