校長日誌

校長日誌

スクールカウンセラーの導入【校長日誌】

今年度6月からスクールカウンセラーの先生をお呼びすることになりました。

目的

① 生徒が、人間関係の悩み、いじめや不登校等、学習の遅れ等に対し、専門家に相談できることで生徒自身が主体的に解決できるよう支援する。
② 担任だけでなく学年、学校、保護者、スクールカウンセラーを含む組織として問題に取り組むことで早期解決、問題未然防止へと導く。

 

3週間から1か月に1度程度になってしましますが、何か気になること、困っていること、悩みごとがありましたら、ご活用ください。保護者の方も申し出ください。



図書館貸出クラス別数5月【校長日誌】

5月分の図書館貸出冊数の集計結果が図書館前に掲示されていました。司書の先生の話によると、勉強や課題の調査など図書館の利用自体はたくさんあるようです。しかし、図書貸出数はやはり少なくもっと本を読む人が増えてほしいと言っていました。もちろん本は自分で購入して読むという生徒もいるようですが、全体的に読書にかける時間が増えるといいと思います。本校では朝読書もあります。家でも30分でも読書する時間が取れると、人間的な深みも養うことができるのではないかと思います。少しスマホのゲームを読書に割り当ててほしいものです。

 

体育祭実施しました【校長日誌】

晴天に恵まれ、ちょっと暑いくらいの天候でしたが無事に体育祭を行うことができました。密や接触を伴う種目を制限したため限られたものしかできませんでしたが生徒達には、全力で取り組んでくれました。生徒たちの頑張る表情・姿は素晴らしいものでした。

総合優勝は「緑団(3年3・4組、2年1・5組、1年3・4組)」でした。

今年も保護者の方の参観ができませんでしたので、開会でのあいさつを紹介します。

〇開会のあいさつ

 さわやかな青空の下、第25回体育祭が開催されることになりました。今朝も皆さんの登校の様子を見ていると体育祭を楽しみにしてくれているのが伝わってきました。
 昨年度は、多くのことが中止となり、10月にやっと体育祭ができました。
昨年に引き続いて、今年も、コロナのために例年通りの体育祭の種目や方法ができるわけではありません。種目も限定され、大声で肩を組んで応援もできない、保護者の見学もない、そんな状況です。しかし、皆さんが毎日コロナ禍にあっても前向きに学校生活に取り組む中で、異例な状況ですが、こうして全校生徒が一堂に集まって、同じ時間を過ごす、全力で競い合うことができることを嬉しく思います。

 今日の体育祭に向けて、昨日から、今朝も朝から体育委員・各係の部活動の生徒・生徒会の生徒などなど準備をしてくれました、本日も運営にお世話になります。ありがとうございます。また、体育科をはじめとする先生方にもここまでの準備に感謝します。

 学校は、集団で行動する活動を通じて「学ぶ」場所です。授業では「知の鍛錬」、体育の授業や部活動、学校行事などを通じて「人間性」や「健康・体力の向上」を図ります。コロナ禍の特殊な状況の中でも、というよりもこんな状況の中での体育祭だからこそ、きっと皆さんを一まわり大きくしてくれるものと思います。コロナの状況に負けないという意気込みでこの体育祭も盛り上げていきましょう。全力をだし、クラスや団で仲間との協力を意識して、戦ってください。互いに助け合い、応援しあうことが大切なんだと思います。今年も密集して大きな声を出しての応援はできません。でも、一生懸命頑張っている仲間の姿を体全体で受け止めて、心の中で精いっぱい応援してください。
そしてちょっと窮屈な体育祭ですが、全てが終わって全力を出し切った皆さんが一体感、達成感、体育祭ができた喜びを共有することができることを期待しています。
では、ケガがないよう頑張ってください。そして、楽しみましょう。健闘を祈ります。

 

明日は体育祭【校長日誌】

明日は体育祭です。昨年度は秋に延期されましたが、今年は明日実施できそうです。コロナ対策のため応援や種目の制限はありますが、全校が集まってできる行事は今は体育祭だけです。

昨年度からクラスTシャツの体育祭での着用が始まりました。これは今まで文化祭だけで認められていたものでしたが、行事が少なくなりクラスの一体感を高めるためにと始まったものです。今日の昼休みに配布されました。今年はどのようなデザインになっているのか明日のお披露目が楽しみです。

残念ながら今年も保護者の皆さまには感染防止のため公開はしません。このような時期ですのでご理解をお願いします。明日は着替えてグランド集合になりますので水分を多めに持たせて早めに家を送り出してください。

ウエイトリフティング部関東大会結果【校長日誌】

6月5日に群馬県高崎市で行われた関東大会に本校から男子7名女子1名が参加しました。1月の関東選抜が直前で中止となっていたので心配でしたが、この大会は無観客でしたが、実施されました。結果は次の通りです。思う存分練習ができなかった中でよく頑張ってくれたと思います。

男子 55kg級 第4位、第5位   61kg級 優勝、第3位

   67kg級 第3位       67kg級 第3位

   73kg級 第7位       81kg級 第3位

女子 55kg級 第10位

男子学校対抗 準優勝

 

「沖縄では高校臨時休業」に思う【校長日誌】

沖縄県では新型コロナの感染拡大が続き、特に10代の感染者数が大幅に増えているそうです。変異株などの影響でしょうか?従来は比較的若年層は重篤化しないと言われていましたが、今は若い人たちの間でも症状が重くなる例が増えてきていると聞きます。沖縄県では県立学校が2週間の休校措置になったといういうニュースを聞きました。東京でも分散登校が続いています。登校して、友達とコミュニケーションを取り、協働して学びに向かうということが学校に一つの意義だと思います。部活動でも各地でインターハイ予選が繰り広げられている中で3年間の集大成として試合を迎えようとしている3年生の気持ちは複雑なものと察します。

今、医療現場は逼迫混乱し、毎日亡くなられている方がいるという事実を私たちは直視して、感染防止に努めないといけないのだと感じます。もちろん人それぞれに様々な考え方があり、その価値観を認めることは大切です。多様な考え方や価値観を認めたうえで、私たち一人一人がどう行動するのかが問われています。

マスク着用に伴うトラブルや路上飲酒などの問題が毎日報道されています。少なくとも、感染防止に向けた「マナー」は厳守してほしいと強く思います。

図書館貸出クラス別数【校長日誌】

図書館の入口壁に4月のクラス別貸出数が掲載されています。これは図書委員が集計し、掲示物を作成したものです。図書委員会では今年の取組の一つとして図書館の利用の促進を進めるとのことです。その一環として実施してくれました。

4月の貸出数ですが、「少ないなあ」という印象です。授業で気になったことの周辺を調べたり、趣味の本を読んだり、せっかく身近に本を借りられる施設があるのに利用しないのはもったいないです。

生徒達には折に触れ「読書のすすめ」を話しています。読書を通じて、様々な考え方がありことを知る、幅広い知識を得る、過去の人の考え方を学ぶ、歴史の失敗を学ぶ・・・・。そして、これらをことによって、将来出会う困難や障害に対して「前向きな思考や行動」ができるようになり、「困難に立ち向かう力」となり、「障害物を乗り越える方法」を知ることにつながるのだと思います。

校長日誌
0 0 1 2 7 2