川高日誌

川高の日常をお伝えします!

「学校保健委員会」開催報告

 12月16日(月)13:30~本校会議室において、学校薬剤師の永田先生、PTA代表、保健委員代表、関係教職員が出席し、学校保健委員会を開催しました。

<内容の紹介>
  【生徒保健委員研修会 伝達発表】
    “南部高等学校等保健会 生徒保健委員研修会”に参加した1・2年生2名が、『ネットと上手に付き合うための備え~依存などのリスクを回避しよう~』について伝達発表をしました。

 

【講演】
   公立大学法人 埼玉県立大学 “高校生を対象とした出張講座”
   演 題:「ユニバーサルデザインを考えよう」
   講 師:公立大学法人 埼玉県立大学 社会福祉子ども学科
                 准教授 大島千帆 先生

    学校保健委員会講演
  
 大島先生がユニバーサルデザインのグッズやおもちゃなど、実物を何点か用意してくださいました。身近なところでは、牛乳の紙パック容器(500・1000ml)の上の部分にくぼんだ切り込みがされていたり、シャンプーの容器にはギザギザした部分があるなど、触ることでわかる工夫がされていることを知りました。
ユニバーサルデザインの定義は、“特別な製品や調整なしで、最大限可能な限り、すべての人々に利用しやすい製品、建物、環境のデザイン”ということで、いろんな物や場所に採用されているそうです。

~生徒感想~
今回は貴重なお話を聞くことができました。来年、東京オリンピック・パラリンピックを控えており、幅広く多様な人が利用しやすいデザインであるユニバーサルデザインをあらゆる場所で目にすることがあると思うので、今回の講座で知識を深めることができ、とても勉強になりました。お話ありがとうございました。