校長日誌

校長日誌

登校の準備~左側通行

明日からの準備登校、6月からの分散登校について、昨日お知らせいたしました。

本校でも感染防止対策をして生徒たちを迎える準備を進めています。

感染防止対策の一つとして、生徒間の接触防止のため、廊下・階段を左側通行にしました。現在、廊下・階段にセンターラインを先生たちで分担して引いています。

「緊急事態宣言延長」でもあと少しと信じて

埼玉県は、昨日残念ながら「緊急事態宣言」が解除されませんでした。埼玉県は感染者数が減り基準を下回ったのですが、地理的状況を考えるとやむを得ないのかもしれません。しかし、少しは長いトンネルの先に光が見えてきたように感じます。その光が出口であることを祈るばかりです。

ずいぶん前になりますが、「インデペンデンス・デイ」という映画がありました。宇宙からの侵略者に対し、世界各国が団結して戦う映画でした。飲んだくれのパイロットの果敢な行動で侵略を免れるという映画でした。アメリカも日本も、中国もロシアも・・・。地球人としての戦いが描かれていました。ある著名なIT企業創業家は「次の世界規模の戦争はウイルスとの戦いになる」と言ったそうです。相手が宇宙人であれ、目に見えないウイルスでれ、今世界の人々が団結する時なのだと感じます。もちろん様々な意見があり、きっと誰もが納得する正解はないのだと思います。でも、味方であるべき人間がお互いの批判や足の引っ張り合いをしていては、戦いに勝てなくなってしまいます。

もう少しと信じて頑張りましょう。学校が再開される日を楽しみにしています。もちろん、「新しい生活様式」つまり生活に制限がかかるということですが、まずは「日常」の回復が最優先です。

アフターコロナ禍の授業の変化について思う【校長日誌】

職員会議で校長連絡として先生方に伝えたことの一部です。

◆最近、「アフターコロナ禍」とか「コロナ後」というフレーズが聞かれるようになりました。以前とまったく同じような生活には当面戻れそうもありません。社会全体の様相が変化し、一般企業では、一層テレワークやフレックスが進み、生活でも「新生活様式」が求められるといわれています。恐らく学校の在り方や私たちの働き方も問われることになり、学校の授業も、大きな変化が予想されます。実技や実験、話し合う形式の授業・・・、主体的・”対話的”で深い学びの実現には工夫が必要そうです。これを契機にしてICTの活用が加速度的に進んでいくことは間違いないと思います。しかし、私たちは「在宅授業」を進めるわけではありません。AIが進歩してロボットやネット配信だけに教育を任せるようになり、高校教員は不要の職業になってはいけません。ICTを活用して、生徒にわかりやすく、効果的な学習の支援を行うことが必要です。当面「密」(密閉、密集、密接)は避けなくてはいけない状況ですが、こんな時代だからこそ生徒同士や、生徒と教員間の関係が「疎」になってはならないし、コミュニケーション能力・人間関係力を育てることも大切です。確かに学習は、個々の生徒が主体的に取りくむものですが、教師や他の生徒がかかわることで一層”主体的”な学びが確かなものになります。学校でしかできないこと、人間にしかできないことの工夫も「アフターコロナ禍」には要求されるのだと感じています。

本日は「創立記念日」です【校長日誌】

臨時休校が続く中で実感がわきませんが本日は「創立記念日」です。昭和16年5月18日に開校式を挙行したことを記念してこの日を「開港記念日」としました。

創立40周年記念誌によると、川口高校の前身である川口中学は、諏訪山に校舎が新築されるまで川口市立第6尋常小学校の校舎の一部を借りて3学級で発足しました。当時は戦時下で、物資も労働力を不足していて建設計画に大きな影響があったようです。夏休みに生徒が資材を運び、瓦を張ったという記述があります。当時初代梅根悟校長の教育理念として「地域に密着した学校」という考えがあり、当時、川口は「鋳物の町」として発展していて、高等工業専門学校を創立してその付属中学校にするという計画もあったそうです。

 

川口高校は、今年創立79年を迎えました。この伝統の重さは計り知れないものです。良い伝統を受け継ぎ、より魅力ある学校になるよう生徒とともに発展させていきたいと思います。

 

新しい仕組みが学校にも?【校長日誌】

早い生徒の課題の返送を昨日受け取れいました。臨時休校が長期化され生徒たちの家での生活については心配しています。

最近、「アフターコロナ禍」とか「コロナ後」というフレーズが聞かれるようになりました。緊急事態宣言が一部解除される方向のようですが、以前とまったく同じような生活には当面戻れそうもありません。社会では「テレワーク」が進み、「新生活様式」が求められるといわれています。休校期間中、プリントや教科書による学習課題のほか、ご家庭や生徒の端末を活用(BYOD)させていただいて動画による授業配信や課題の配布などを行っています。本校も手探りの状態ながら推進しているところです。学校が再開されても、恐らく学校においても、大きな変化が予想されます。生徒同士が輪になって話し合いをすることや実習実験などの方法にも制約ができることと思います。ICTの活用を進めつつ学校でしかできない体験やともに受ける授業の味わいなど工夫していかなければいけないと感じます。

昨年の水害、今回のコロナ禍と、予想以上の困難が続いています。しかし、状況が悪いだとか、環境が良くないとか、政策が足りないとか・・・不満はそれぞれ持つと思いますが、今は、どうしたらこの難局を乗り越えられるのかを個々のレベルで考えることが必要なのではないでしょうか。生徒たちには、予想不可能な未来を生き抜くために必要な力は何かを自ら考え身に付けてほしいと思います。

毎日感染者の数が減ってきていますが、この1・2週間の私たちの行動が重要です。