現地レポート

修学旅行記2018

[修学旅行記]羽田空港に到着!


先程羽田空港に無事到着しました。
帰るまでが修学旅行!生徒のみなさん、気をつけて帰りましょう。

これにて修学旅行記も終了になります。
HPを見てくださったみなさん、ありがとうございました。

引率した先生方もお疲れ様でした。

修学旅行がここまで大きな事故なく終わったのはいろんな方の力があってこそです。生徒も教員もそうした方々への感謝の気持ちを忘れず、修学旅行で学んだことを活かして、これからの生活を送れたらと思います。









[修学旅行記]福岡空港

空港に着くと、長いようであっという間だった修学旅行ももう終わるのかと実感してしまいます。
2日目から別行動になった各クラスが集まり、民泊や自由行動での思い出を話し合い、生徒も教員もこの修学旅行を振り返っています。

2日目のバスの中で、文章の中に魚介類の名前がいくつ隠れているかというゲームをしました。
その答え合せを先程バスの中でしたところ、1組では見事2人が正解しました。そのうちの1人はなんと旅行委員長の谷野くん。さすが!!





[修学旅行記]田平地区(1・2組)離村式


先程民泊先での離村式を終えました。

2泊3日という短い時間でしたが、とても良くしていただき、最初に比べて生徒も良い表情になっていました。
各家庭ごとでの挨拶では涙を流す生徒も多く見えました。

長崎の大自然の中での民泊は人生の中で何度も体験できるものではありません。
非常に充実した思い出深い体験となりました!










田平 道の駅
カブトムシ巨大オブジェ

[修学旅行記]日程:4日目


朝 :各民泊地にて離村式
午前:(1・7・9・組)ハウステンボス
   (2・3・5・8組)九十九島水族館
   (4・6組)柳川

15:00 福岡空港着
16:20 福岡空港発(ANA260便)
18:05 羽田空港 解散

[修学旅行記]中平戸地区(7組)体験学習


きょうも体験日和のいいお天気です。
7組は午前中は、船釣り、
港釣り、ちゃんぽん作り、そばうちにわかれての体験です。


【そばうち】
紙漉の里
一昔前は紙漉きが盛んだった地域だそうです。地元の酒蔵さんがわざわざ仕込みのために汲みにくるほどお水の美味しい川が流れているそう。おそばも美味しくできるかな?







地元のあごだしで煮込みそばにしていただきました。








おいしいおそばのあとは裏山の登り釜の遺跡を見せていただき、川沿いを散歩しました。




[修学旅行記]民泊先到着 田平地区(1・2組)


1,2組は田平地区へ民泊をします。
先程対面式を終えました。生徒も少し緊張している様子でしたが、温かく迎え入れてくださり、移動を始める時には笑顔も増えていました。

今回この川口高校生で民泊人数30万人を突破したそうです!

たびら活性化施設

[修学旅行記]長崎班別研修終了、民泊先へ

長崎班別研修を終え、これから各クラスそれぞれ民泊先に移動します。
1,2組→田平
3,9組→志々伎
4,8組→生月
5,6組→大島
7組→中平戸

皆さん、班別行動お疲れ様でした。



[修学旅行記]日程:2日目


 6:20 起床
 9:30 班別行動開始
       浦上地区、新地中華街地区、出島・ベイエリア地区
       眼鏡橋・風頭地区、山手地区
 午後    民泊先へ移動
<到着予定>
16:50 田平地区
17:20 生月地区、中平戸地区
17:40 志々伎地区
18:15 大島地区

[修学旅行記]ホテルに到着しました!


今回お世話になるホテルは矢太楼という所です。山の上にあり、窓から見る夜景はとても綺麗です。その美しさは世界新三大夜景にも数えられる程。(窓越しで撮ったので少し見にくいです。)

先程夕飯も食べ終わり、各々1日の疲れを癒します。みなさん、修学旅行1日目お疲れ様でした!











[修学旅行記]長崎原爆資料館


平和公園で黙祷をした後は長崎原爆資料館に行きました。
原爆当時の残骸を目の当たりにするとリアリティが違いますね。
生徒それぞれいろんな想いで見ていたはずです。



[修学旅行記]羽田空港集合

いよいよ今日から修学旅行です。
楽しみでそわそわしてる生徒もたくさんいますが、先生の説明が始まるとしっかり話を聞く姿勢を取ることができました。さすが川口高校の生徒です。

これから3泊4日の修学旅行、いってきます!