日誌

[フォークソング同好会]9月22日南鳩ヶ谷オータムフェス!

以前HP上でも宣伝した南鳩ヶ谷オータムフェスに本校のバンドが出演しました。

出演したのは1年バンドDilworthと3年バンドSurmountの2バンドです。

 

台風の影響で雨予報が出ていましたが、幸いなことに雨は降ることなく、ライブをすることができました。

部員や保護者、OBも見に来ていて、そのおかげかバンドも緊張することなく、観客に向けてアツい演奏をしてくれました。

 

Dilworth

Surmount

 

本校以外にも一般のバンドやダンスグループが出演し、屋台で買った食べ物を片手にお祭りを楽しんでいました。

 

本校の2つ次に出演した神咲レイトさん。音源を流し、ボーカルだけの演奏でしたが、圧倒的なパフォーマンスで観客の心をつかみ、本校生徒も初めて見るアーティストなのにステージ前で大盛り上がりでした笑

 

本来2バンドの出演予定でしたが、夜の抽選会が始まるまでの繋ぎをしてほしいとのことで、急遽本校の1,3年混成バンドTHE Chin! Pun! カンプンが出演し3曲披露してくれました!急な出演にもかかわらず、のびのびとしたパフォーマンスで観客を楽しませました。Green Dayの1990年代のヒット曲Basket Case、Minorityを演奏し、お祭りのMCを担当していた方から「懐かしい!」という声も聞こえてきました。

 

ラストは今回我々を招いてくださった鳩ヶ谷商工会青年部によるバンドHATONESのみなさん。この時間には雨が降っていて気温も低くなっていましたが、大人になっても少年のような心で音楽を演奏し、それ見ている大人も子どもも手を挙げ声を出し、リズムに合わせて体を動かす。音楽を通してみんなで楽しもう!地域を盛り上げよう!という気持ちがとても伝わってくる素晴らしい演奏でした。

 

高校の軽音楽の中で技術力やかっこよさを求めることはとても大切ですし必要なことですが、それだけに没頭せず、楽しむ!という音楽の本質を忘れないでほしいです。

もちろん何もせずにただ楽しむことはできません。楽しめるのもそのための努力があってこそです。

 

3バンドも出演し、生徒にとって非常に良い経験となったと思います。

鳩ケ谷商工会の皆様本当にありがとうございました!!