川高日誌

【川高の自然】ムクゲ


 インド、中国が原産のムクゲは、アオイ科の株立ち(根本から何本も細い株を

立ち上がらせる)落葉低木で、別名「ハチス」とも言います。

同じハイビスカの仲間のフヨウとよく間違われますが、フヨウは株立ちせず、

1本が直立しますので見分けがつきます。

    (正門を上り右手)

夏から秋にかけて、茎の先端近くに花が咲きます。但し、花は1日花で、

早朝に咲いて夕方にはしぼんでしまいます。二、三日咲くものもあるそうです。

樹皮を乾燥したものは木槿皮(もくきんぴ)という生薬で抗菌作用があり、

胃腸薬、水虫の薬に配合されているそうです。

花は金槿花(きんもくか)といい胃腸薬、下痢止めに用いられているそうです。

ムクゲは韓国の国花です。