川高日誌

《川高の自然》アジサイ


 正門を上がっていくと左手にホンアジサイが咲いています。
アジサイは集(あづ)真(さ)藍(あい)を合わせてアジサイになったという説もあります。
日本在来のガクアジサイの変種で、手まりのようにまとまって咲くものをホンアジサイと呼びます。
このホンアジサイが中国を経て欧州に渡り、品種改良されたのもが一名セイヨウアジサイと呼ばれています。

   (正門左手)

写真のホンアジサイは、全体的に白く所々薄いピンク色がかっていて上品さを感じます。
梅雨の頃咲くアジサイの学名は、「Hydrangea](ハイドランジア)といいますが、
これはギリシャ語で「水の器」を意味します。