校長日誌

2学年の学年通信より思うこと【校長日誌】

2年生が2週続けて学年通信を発行しました。2年生の保護者の皆様はご覧になったでしょうか?

9/17(NO.5)「7月模試概況」は、7月の模試の結果を教科ごとに分析したものです。この時期ですので志望校の判定は気にしなくてもいいと思いますが、自分の弱点を見つめなおしてほしいと思います。

9/24(NO.6)「第2回スタディーサポート結果」は、データから本校生の教科ごとの強みと課題の分析、そして学習時間の分析結果が掲載されていました。必要なのは毎日の継続した学習時間の確保です。そのためのヒントが書かれています。成績上位20%層と下位50%層には1日当たり30分の差があるようです。1日であれば取り返しがつきますが、1か月で900分。前に生徒に話しましたが、「時間は決して増えることもない、取り戻すこともできない貴重な資源」です。

そして時間を有効に使うのには、しっかりとした目標と意志が必要です。

吉田松陰の言葉が思い浮かびました。

   夢なき者に理想なし、

   理想なき者に計画なし、

   計画なき者に実行なし、

   実行なき者に成功なし。

   故に、夢なき者に成功なし。