校長日誌

静かなGW、季節は進んでいます【校長日誌】

毎日コロナのニュースでうんざり気分なところもありますが、静かで人の少ない街に現実を突きつけられます。どの対応が正解なのか、答えは未来だけが持っているのかもしれません。でも答えが少しでも良い方向に向かうように大方の人が協力してくれています。そんな中で心無い人たちの報道もあります。視点が今にしかなく、自己の利益、悦だけを追求してしまっている人がいることに残念に思います。

生徒たちは臨時休業が延長され、GWも平日も差がない毎日かもしれません。でも着実に気候も変化しています。私たちの生活もきっと改善方向に向かっていると信じましょう。

 ←学校付近の用水路

週明けには新しい課題と、今までの課題の回収用のレターパックが郵送されます。まだ終わっていない生徒は頑張ってください。そして、日々を計画的に規則正しく過ごしてください。