校長日誌

スマホでのゲームの時間【校長日誌】

本校の生徒達も放課後、自分のスマホでゲームをやっている姿をよく見ます。待ち時間があるとゲームをやっている人が多いようです。

ある調査によると、ゲームやスマホに費やす時間は。昨年度の休校期間は一昨年度の1.5倍になっており、学校再開後は減少したが一昨年度の時間までは下がらなかったそうです。習慣化してしまった人が増えたことが予想されます。

スマホは私たちの生活から離せないツールとなっていることは事実です。高校生も全く使わないという指導は現実的ではないのでしょう。今年からはBYOD(生徒たちに個人の端末で授業中にインターネットを活用する)が始まります。スマホの使い方、また時間の使い方をそれぞれが意識しなくてはいけない時代を迎えます。