校長日誌

「緊急事態宣言延長」でもあと少しと信じて

埼玉県は、昨日残念ながら「緊急事態宣言」が解除されませんでした。埼玉県は感染者数が減り基準を下回ったのですが、地理的状況を考えるとやむを得ないのかもしれません。しかし、少しは長いトンネルの先に光が見えてきたように感じます。その光が出口であることを祈るばかりです。

ずいぶん前になりますが、「インデペンデンス・デイ」という映画がありました。宇宙からの侵略者に対し、世界各国が団結して戦う映画でした。飲んだくれのパイロットの果敢な行動で侵略を免れるという映画でした。アメリカも日本も、中国もロシアも・・・。地球人としての戦いが描かれていました。ある著名なIT企業創業家は「次の世界規模の戦争はウイルスとの戦いになる」と言ったそうです。相手が宇宙人であれ、目に見えないウイルスでれ、今世界の人々が団結する時なのだと感じます。もちろん様々な意見があり、きっと誰もが納得する正解はないのだと思います。でも、味方であるべき人間がお互いの批判や足の引っ張り合いをしていては、戦いに勝てなくなってしまいます。

もう少しと信じて頑張りましょう。学校が再開される日を楽しみにしています。もちろん、「新しい生活様式」つまり生活に制限がかかるということですが、まずは「日常」の回復が最優先です。