日誌

保健だより2月号発行のお知らせ

 2月も半ばとなり、スギ花粉が飛び始める季節となりました。
花粉症の人は飛散情報のチェックや、各自でできる対策をとる、必要に応じて薬を使うなどして、少しでも快適に乗り切れるようにしましょう。


<内容の紹介>
 ①「インフルエンザ 川髙生12・1月感染者数」
  学年別の感染者数です。まだまだ2月も気を付けましょう。
 
 ②スマホに依存していませんか?
   依存から抜け出すために試して欲しい、いくつかのポイントを紹介します。
 
 ③「教室の換気をしよう!」
   寒い季節、教室はついつい閉め切ったままになりがちです。
   そのまま暖房を使い続けると、二酸化炭素濃度が高くなり、不快な症状が出やすくなってしまいます。
   学校環境衛生基準で、望ましい教室の二酸化炭素濃度は1、500ppm以下とされています。
   今週、授業中の教室(一部)の二酸化炭素濃度を測定しました。少し窓を開けていた教室でも、この基準値を大きく超えていました。
   しっかり冴えた頭で授業を受けるために小まめな換気が必要です。
 
 ④「スポーツ振興センターの医療費請求手続きについて」
   学校管理下でのけがなどで医療機関にかかった場合、
   所定の手続きにより給付金を受け取れます(※規定があります)ので、早めに申請してください。


 
 ~あいさつは、友だちづくりの第一歩~
  挨拶は友達作りの第一歩

   → 6月の保健だより(PDFファイル)

   → 10月の保健だより(PDFファイル)
   → 11月の保健だより(PDFファイル) 
  → 12月の保健だより(PDFファイル)
   → H28年度1月保健だより「学校保健委員会」特集号(PDFファイル)  
   → H28年度2月保健だより(PDFファイル)
   
  ●保健室のページ
   各種保健情報・注意喚起、校内配布文書等が閲覧できます。
 
   → 「保健室からのお知らせ」ページへのリンク