2013年7月の記事一覧

1学年  出張授業「カタリ場」

7月11日(木)3、4時間目 1年生出張授業「カタリ場」

 先輩の体験談を聴くことで、高校生活の中で主体的に動くことの大切さ、先輩と自身を照らし合わせることで、自己理解を深めることを目的とした出張授業「カタリ場」が行われました。体験談を話してくれた先輩は様々な経歴をもつ11名。生徒たちは事前に配布された紹介シートをもとに「興味関心、気になる先輩」、「似ている先輩」、「こんな風になりたいと思う先輩」という3人の先輩の話を真剣に聞いていました。話術にも長けた先輩たちに引き込まれ、多くのことを感じていたようです。
 最後に書いた「約束カード」の内容が実行できるように生活していこう!と出張授業は終了しました。第2回「カタリ場」授業を12月に実施します。生徒たちの成長に期待したいと思います。

****************************************
 
 カタリ場01 カタリ場02  画像1・2
 
  カタリ場03 カタリ場04 画像3・4
 < 画像1・2 >
 先輩たちが川高生に向けて熱いメッセージ!
 < 画像3・4 >
 メッセージを真剣に受け止める生徒たち。
 

ウエイトリフティング部 全国高校女子選手権大会 48kg級で4位

 7月20日(土)・21日(日)、第15回全国高等学校女子ウエイトリフティング競技選手権大会(滋賀県高島市)に出場しました。48kg級選手(3年生)がトータル121kgで4位入賞しました。また、48kg級(2年生)・53kg2年生)も健闘し、それぞれ16位・21位でした。
 48kg級選手(3年生)の全国高校女子選手権大会出場は2回目。「今回の大会では入賞したい」という強い思いを胸に抱いて試合に臨んだ同選手、努力を結実させての快挙です。望みを実現した喜びに笑顔を輝かせました。2年生の後輩選手達にも大きな刺激になりました。 
  
  
 左) 入賞おめでとう   右)私たち、川高女子チーム
 

文化祭作品展示・バザーのお知らせ (渉外部)

第50回諏訪山祭(川口高校文化祭)を9月6日(金)・7日(土)に開催いたします。本校PTA・後援会も文化活動として、諏訪山祭で会員の皆様の作品展示・ワークショップコーナー(団扇に『書』)・バザーを行っています。毎年、多くの来校者に楽しんでいただいています。
※作品展示は9月6日(金)・7日(土)の2日間、バザーは一般公開日の9月7日(土)のみ行います。
 
バザーの収益金は諏訪山基金(桜等の校内樹木の保護を目的とする基金)に収めさせていただき、校内の環境整備に貢献します。本趣旨にご賛同いただき、ご協力をお願いいたします。
 
 詳細はこちらをご覧下さい → 文化祭バザー開催について(PDFファイル)
 

◆ 1学期中の活動の報告とお礼 (PTA・後援会本部)

1学期中に下記の活動を行いました。各行事では多数の会員の皆様のご参加をいただくことができ、大変充実したものとなりました。

多くの皆様のご協力をいただきまして、ありがとうございました。
 
 2学期には、上記の諏訪山祭、長距離走大会等の行事が行われます。生徒の活動に直接触れるまたとない機会でもあり、本部も様々な協力を行っています。今後とも本活動へのご理解とご協力をお願いいたします。
 
                                                                          PTA会長・後援会長

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

 6月19日(水) 体育祭 (第1回理事会で報告しました)

    参加委員78名(1年30名、2年20名、3年27名、後援会1名)
    来年こそはPTAも大縄跳びに挑戦しましょう!
 
 6月25日(火) 大学訪問(第1回理事会で報告しました)
    参加者45名 訪問学校数:大学5校
 
 7月9日(火) 浴衣着付け教室開催(詳細報告は第2回理事会で行います。)
    参加者20名
 

平成25年度 第1回SPP講座「ミクロの世界を切り拓く」実施

 3年生の物理の授業で、SPP「ミクロの世界を切り拓く」を、日本大学理工学部物理学科と連携して実施しています。
 最近、マスコミなどでニュートリノとかヒッグス粒子などの最先端の素粒子物理学が取り上げられるようになりましたが、素粒子物理学がどのような学問であるか、高校生たちにとっては想像もできない世界となっています。そこで物質の究極の姿を追求している素粒子物理学の基礎について、物理学の研究方法である理論と実験の両面から学ぶことができるような講座を企画しました。
 そして、5月28日(火) 、SPP講座の第1回目を以下のような内容で実施しました。
○生徒が調べた課題を班ごとに発表し、大学の先生がその発表への助言・指導を行う。その後、講師がそれを利用しながら素粒子物理学の基礎についての講義を実施する。
○原子・放射線などについて学習し、グループ毎に霧箱実験を実施する。
 
◆ ◇ ◆ ◇
 本校では日本大学理工学部物理学科と連携して、8年連続でSPPや高大連携に取り組んでいます。
 
 レポート作成 講義
 実習01 放射線の飛跡を見る
  カップの中に放射線の飛跡が飛行機雲のように見える
 実習02
○平成24年度までの実施内容については「 高大連携・SPP(クリックしてください) 」ページをご覧下さい。