川高日誌

2017年1月の記事一覧

3学期が始まりました!

平成29年がはじまりました。

始業式と部活動の表彰式、
ウェイトリフティング部の壮行会が行われました。

3学期は総まとめとして努力する期間。
1,2年生は学年として、
3年生は高校生として、
しっかり努力していきましょう。

【川高の自然】ナンテン

 南天(ナンテン)は常緑の低木で、細長く先の尖った3枚の葉が枝の先に付き、
晩秋から冬にかけては赤く丸い実がぶどうの房状についてとても鮮やかです。
南天の名前は漢名の南天燭、南天竹に由来しますが、「難を転ずる」(難を
転じて福となす)の意味からお正月の祝事に使用されます。災難除けに庭先に
よく植えられるほか、昔は「不浄を清める木」とされ、トイレの側に植えられていました。

    (東側 自転車置き場の先)
古代から生薬として親しまれ、殺菌、防腐効果があるので、食あたりを防ぐ為に
ナンテンの箸を用いたり、葉を赤飯に飾ったりします。ナンテンの果実には、
ナンテニンというアルカロイドが含まれており、乾燥させた果実を咳止めに用いる他、
葉は胃腸、脱肛、歯の痛みを抑える葉として使用されています。
昔、雪が降ると、男の子は雪だるまをこしらえましたが、女の子は盆の上に雪を
半球型に固め、赤い実を眼とした雪うさぎを作って飾りました。