川高日誌

2017年3月の記事一覧

【川高の自然】ハクモクレン


 中国原産のモクレンは落葉高木で、3月から4月にかけて大きな花が枝先に咲きます。
日が当たると開き、暗くなると閉じるを繰り返します。
花色が紫色の「紫木蓮(しもくれん)」と白色の「白木連(はくもくれん)」がありますが、
川高にあるのは写真のように白木蓮です。白木蓮はよく同属のコブシと間違われますが、
モクレンの花の方が大きく肉厚ですべて上向きに咲くので見分けが付きます。

         (広場)
モクレンの名前は漢名「木蘭(モクラン)」に由来しているそうですが、花が蘭より蓮の花に
似ていることから「木蓮(モクレン)」と呼ばれるようになりました。
蕾を乾燥させ、漢方薬として鼻炎や頭痛の薬として古くから使われています。
モクレン属「地球上最古の花木」といわれています。
白亜紀(恐竜時代)の地層からモクレンの仲間の化石が発掘されました。
トリケラトプスもモクレンを食べていたのでしょうか?

ワイヤークラフト:ランプシェードの制作(美術の授業から)

 1年生美術選択で制作したワイヤークラフト作品(素材はアルミニウム)を紹介します。
昨年に続き、今回もランプシェード製作です。
1本の針金を自分の思い描く形に仕上げていく作業には根気が必要です。
でも、根気と工夫することが造形の楽しさの大きな要素でもあります。
よい作品が多数ありましたが、12点を選び、校内展示しています。
 「招き猫」もベレー帽を被っているような「どんぐり」(どんぐりの帽子のような部分は
「殻斗(かくと)」というそうです)も可愛らしい。宇宙海月は何となく愛嬌があります。
ジョーズ(ロボットザメ)は迫力満点、手を近づけたら噛まれてしまいそうです。
「私は考え中であーる、エヘン」と言いたげなフクロウくんなど、表情豊かな楽しい作品が揃いました。
  
 ワイヤークラフト展示作品 
 展示作品(12点)
 

$ $ $ $ $ $ $ $ $ $ $ $ $ $ $ $ $ $ $ $ $ $ $ $ $ $ $ $
<美術科>「あかりのデザイン(ランプシェード)」
1年生の美術選択でランプシェードを制作しました。
土台部分は木でデザインを考えてアクリルガッシュで彩色しました。
中央部分にランプがついています。
土台の上のシェード部分の素材はアルミニウムの針金です。
太いアルミ針金(直径2.5ミリ)で骨組みを作って全体の形を造形し、細いアルミ針金(直径1ミリ)で繊細に装飾していきます。
太い針金と細い針金の対比が美しく、電気をつけると針金の隙間の空間からやさしい光が広がります。
$ $ $ $ $ $ $ $ $ $ $ $ $ $ $ $ $ $ $ $ $ $ $ $ $ $ $ $
 
<作品紹介>
 
  招き猫、どんぐり、フェアリー・ゴッド・マザー、彗星
  左から:招き猫、どんぐり、フェアリー・ゴッド・マザー、彗星
 
  みかん、スカイツリー、ティーポット、哲学者
  左から:みかん、スカイツリー、ティーポット、哲学者
   
  自然の力(花開く)、壊れたロボットザメ、メロディーランプ、宇宙海月
  左から:自然の力(花開く)、壊れたロボットザメ、メロディーランプ、宇宙海月
 

壮行会


全校生徒(1・2年生)による壮行会が行われました。

以下の大会に本校生徒が出場いたします。
チーム川高全体で応援しています。
みなさまのご声援のほど、よろしくお願いいたします。

◎なぎなた
第12回全国高等学校なぎなた選抜大会
 3月19~20日
 兵庫県伊丹スポーツセンター

◎ウェイトリフティング
第32回全国高等学校ウェイトリフティング競技選抜大会
 3月25~27日
 石川県金沢市総合体育館

人権教育講演会

人権教育講演会が行われました。

身近にあるチョコレートと児童労働の関係から
人権問題がひとごとではなくわたしたちのすぐ近くにあることを学びました。

人権問題はこれからの世界で避けて通れない問題の一つです。
21世紀を生きる高校生として、
あらためて問題意識が生徒一人一人に起こされたのではないでしょうか。


講師
NPO法人ACEガーナプロジェクトマネージャー
 近藤 光 様

講演テーマ
 チョコレートと児童労働
 ガーナにおけるカカオ生産地の開発
 アフリカの開発と子どもの権利 等

【川高の自然】ジンチョウゲ


 沈丁花は、さわやかな香りが印象的な春を告げる花です。
茶道では禁花とされているほど強い香りを放ちます。
室町時代に中国から渡来し、沈香(高級な香木)のような香りがすることと、
丁字(クローブ)に似た花を咲かせることから「沈丁花」と名付けられました。
公園などに植栽したり、庭木としても愛用されています。

  (化学実験室の前の花壇)
数ヶ月間濃紅色の蕾の状態で冬を過ごし、白や淡い紅色の花を咲かせますが、
花びらの様に見える部分は萼で花びらを持ちません。
沈丁花の葉は互生し、長円形で表面に光沢があります。また、気孔が
大きくて見やすいため生物の観察実験の試料になります。葉裏には
たくさん気孔がありますが、葉表には全くと言っていいほど気孔のないのが特徴です。