川高日誌

2017年5月の記事一覧

交通安全講演会

本日、埼玉県警武南警察署交通課 片野様を
講師に迎え、交通安全講演会を実施しました。

本校は、自転車通学の生徒が大多数。
交通安全意識は、日頃からのこころがけが
大切だと実感しました。





[3学年]進路ガイダンス


本日、3学年対象の進路ガイダンスを行いました。

いよいよ進路実現に向けて本格的に動き出す時期になり、
生徒は講師の話に真剣に耳を傾けていました。

来週は、三者面談週間です。


大学・短大 進路希望者


専門学校 進路希望者


公務員・就職 進路希望者

【川高の自然】ジャーマンアイリス


 一瞬、「アヤメが咲いている。」と思いました。
しかし、花びらの黄色の毛のようなものが気になり、調べてみるとジャーマンアイリスでした。


     (体育館の後方)

花はやや大きめで、花びらの上にある黄色のブラシ状の突起が特徴です。
地中海原産で、ヨーロッパで品種改良され、紫色だけでなく白、オレンジと
色とりどりの花を咲かせるそうです。
アイリスはギリシャ語で「虹」を意味し、さらに色の種類が多いこともあって、
「レインボーリリー」とも呼ばれています。
「あなたを大切にします。」という花言葉がついています。
誰かに言ってもらいたいですね。

【川高の自然】イボタノキ


 枝先に小さなお花が、かたまって咲いています。
近づくとほんのりと良い香りがします。水蠟の木(イボタノキ)です。


     (東門の自転車置き場の側)

幹に寄生する「イボタロウムシ」は、良質の蠟を分泌します。
その蠟が疣とりに使われたことから「イボタノキ」という名前になりました。
楕円でかわいらしい葉が、左右対称に付いています。

生徒総会が行われる

6時限目に 生徒総会が行われました。
昨年度の会計報告と
今年度の生徒会活動方針と活動内容、
各種委員会活動方針と活動内容、
予算案、文化祭実施要項などが提案され
議長団の円滑な進行により
すべての議案が無事されました。

【川高の自然】ハナミズキ


 ハナミズキは、1912年に当時東京市長の尾崎行雄さんがワシントンにサクラを送った返礼として、
1915年にアメリカから送られてきた日米親善の花木です。
太平洋戦争中は一時所在不明になりましたが、戦後に都内の植物園で見つかり、
その後は花の美しさと管理のしやすさから日本全国に広まりました。


      (広場)

ハナミズキは、4月から5月にかけて水平に広げた小枝の先に白や薄紅色の花を上向きに咲かせますが、
4枚の花びらの様に見えているのは総苞片で、中央に集まった緑黄色の小花が本当のお花です。
また、花だけでなく、秋には真っ赤な赤い実が付き、その後に訪れる紅葉と共に、
春先から初冬まで1年の大半を通じて私達の目を楽しませてくれます。