校長日誌

2016年8月の記事一覧

リオ・オリンピック閉幕、夏休みも残り1週間

リオ・オリンピック閉幕、夏休みも残り1週間

 日本のメダルラッシュに沸き、各競技で悲喜こもごものドラマが繰り広げられたリオデジャネイロ・オリンピックも閉幕。閉会式での次回開催国としての東京のPRパフォーマンスは日本のアニメやゲームキャラクター、ハイテク技術が盛り込まれた素晴らしいインパクトを与え、世界に東京オリンピックの期待感を大いに抱かせる見事な演出が印象的でした。

 一方、国内では複数の台風の直撃を受け、北海道を中心に被害が大きく、今回の台風9号も関東地方を直撃でした。県内でも大変な被害が出ている地域もあり、改めてお見舞いを申し上げたいと思います。

 さて、私は相変わらず各部活動の試合の応援、AO入試や推薦入試に向けた3年生の面接指導、3年理系希望者対象朝補講の日々ですが、書道部から嬉しい報告を受けましたので、ご紹介します。第13回安芸全国書展高校生大会において、本校書道部の池上佳奈さんが文部科学大臣賞、同じく豊田彩乃さんが書道美術館賞、同じく野田みなよさんが優秀賞をそれぞれ受賞。また、書道部顧問の知見侑紀教諭も指導者賞を受賞し、本校として2重の喜びとなりました。(詳細は書道部HPを参照ください。)

 夏休みもいよいよ残り1週間。酷暑というより不順な天候が多かった夏という印象ですが、まだまだ残暑には留意が必要です。生徒諸君には「夏休みにどれぐらい自分は変われたか」をしっかりと確認して、事故に注意して元気に2学期を迎えてほしいと思います。

立秋を過ぎても猛暑の日々

立秋を過ぎても猛暑の日々

 立秋も過ぎ、8月もはや中旬。リオデジャネイロ・オリンピックも開幕から1週間。連日、早朝から日本選手の活躍、メダルラッシュが報道され、全国各地から地球の裏側に向け熱い声援が送られています。そして、暦では秋とは言うものの、猛暑日が続き、本当に体に堪える毎日です。
 さて、私は高体連専門部長の立場にあることから、8月5日から7日までの3日間、高校総体ウェイトリフティング競技大会の応援に岡山県笠岡市総合体育館に行ってきました。本校からは3階級に3人が出場し、持てる力を発揮してくれました。特に、56kg級の松浦涼馬選手はスナッチで92kgを記録して優勝、クリーン&ジャークでは4位でしたが、トータル205kgを記録して3位入賞を果たしました。マスコミの取材を受けるなど、全国の強豪の一人としての存在感あふれる活躍振りでした。ご家族も応援に駆けつけ、立派な成績にチーム川高として喜びを分かち合いました。(ウェイトリフティング部HP参照)
 
 笠岡総合体育館
 ウエイトリフティング競技会場(笠岡総合体育館)
  
 本校出場選手
 本校選手団
 
 スナッチ表彰
 スナッチ表彰(表彰台中央:松浦選手)

 
平成28年8月15日
 

県外強化合宿終了、8月に入り、やっと夏らしく

県外強化合宿終了、8月に入り、やっと夏らしく

 7月下旬を中心に行われた各運動部の県外合宿も無事に終了しました。各部ともに大きな怪我や事故もなく、内容の濃い合宿となったようです。

 さて、私は体力維持強化も兼ねて、恒例の夏山に行ってきました。と言っても、山岳部ほどの本格的な登山ではなく、トレッキング+αの内容で、上高地の明神への散策から、八方尾根、白馬と2000m級の景色を堪能しました。非常に美味しい空気と行き交う登山客との「こんにちは」という挨拶のやりとりに、いつもながらの気持の良さが充満されて、心地よい疲れが最高の時間でした。

 一方、3年生対象の中心の校内進学補講も第2段階に入っており、校長が山に行っている間に、丸茂教頭も3年生理系進学希望者対象に7:00~9:00時間帯で物理の早朝補講を実施中です。参加生徒の表情に徐々に真剣さと本気モードが増してくる様子に今後の期待感が一層募ってきました。

 夏休みもあと3週間強となり、進路に向けて自分の可能性を追い求めている3年生だけでなく、本日中学生が体験に訪れた各部活動で頑張っている生徒諸君には、次の大会に向けてのチーム作りや体力強化を進め、一日一日を大切に過ごしてほしいと思います。

八方尾根から白馬三岳


八方池


丸茂教頭物理補講