校長日誌

2017年9月の記事一覧

[校長日誌]2学期始業式


まずはじめに

 

7月20日の終業式から42日、長い夏休みも終わりました。皆さんが事故に遭うことなく、今日こうして会えたことに感謝したい。夏休みは非日常の生活が始まり、一日のリズムを自分で作る必要があること、ここで差がつくと皆さんに話をしましたが、自分で振り返ってどうだったでしょうか。

 8月は猛暑の暑い夏になる予想がはずれ、中旬は天候が不順で気温の低い日々でした。長雨により、野菜や果物など農作物の生育に影響が大きく出ているようです。

 

 そんな中、非日常でしかできない経験を通じて、二学期に向けて鋭気を養った人も多くいると信じています。

 また、全国レベルの大会で実力を発揮し、上位入賞したウエイト部を始め、ただいま表彰を受けた皆さん、改めておめでとう。素晴らしい成果でした。また、部活動の最後の大会に出場した3年生の皆さんの健闘にも拍手を送りたいと思います。進路実現に向け、補講や面接指導に真剣に取り組んだ3年生の姿は印象に残りました。今後も更に努力を継続することを期待しています。

 

 そして、今日は防災の日、関東大震災が発生した日として制定されたものです。今夏の豪雨により、九州北部の福岡、大分地方や山陰地方では大変な災害となり、亡くなった方や被災した方々にはお悔やみとお見舞いを申し上げたいと思います。

 また、北朝鮮のミサイル発射が頻発し、予断を許しません。万が一のケースを想定しておく必要がります。その場合は、皆さんに必要な指示をするので承知しておいてください。

 

1 嬉しい話題から

○昨年の熊本地震で大きな被害を受けた熊本城。この復元整備基金に昨年本校PTAが募金を募り、2口送りました。このたび、熊本市長からお礼の手紙とともに「熊本城主」の認定証が届きました。本校の誠意が認められ、先日のPTA理事会でも皆さん喜んでいただきました。文化祭期間まで校長室前のキャビネットに展示しておきますので、ぜひ見てください。

 

○8月28日(月)には第2回の学校説明会が行われました。中学生と保護者の皆さんが約850名来校され、本校の説明や学校紹介映像を見ていただき、大変評価していただきました。当日、昇降口付近を念入りに清掃してくれた柔道部の皆さん、また、受付や案内で手伝ってくれた生徒会の皆さん、野球部やサッカー部の皆さんが暑い中頑張ってくれました。皆さんの中学生や保護者の方々への対応態度も本校の評価を高める大きな要因でした。改めてお礼を言います。ありがとうございました。

 

○本校の学校紹介DVDが完成し、新たに開設したホームページで動画配信しています。

観た人もいると思いますが、生徒諸君に観てもらう機会を設けたいと思います。文化祭のどこかで考えています。

 

○最後は、昨日のサッカー日本代表がオーストラリアを破り、ワールドカップ出場を決めたことです。明るい話題はいつでも嬉しいものです。

2 二学期、皆さんに期待すること

 さて、今日からスタートする2学期。行事も含め、授業日数が一番長い学期の始まりです。充実した時間を過ごすため、一人一人が目標や決意を持っていると信じています。まだ、具体的に考えていない人はしっかり自分の考えをまとめてもらいたい。

○挨拶とお礼、登校について

 今日は朝から野球部諸君が校内清掃をしてくれていました。朝練に来ている生徒たちの挨拶、清々しい気持ちになった。

 二学期も挨拶とお礼を徹底しよう。人間関係の基本であり、気持ちよく誰に対して、もさりげなく当たり前のこととしてできることが大切。「おはようございます」、「こんにちは」、「ありがとうございます」という美しい日本語表現を大切にしてほしい。

 今日から川高は8:30着席という日常の学校生活が始まる。君たちの日常生活の基本であるこのリズムを大切にして、自分でスケジュール管理を行い、時間を有効に活用できる生活を今一度作っていこう。

○授業について

 授業への取り組む姿勢を改善してほしいと伝えた。授業に臨む姿勢、授業を受けた後の振り返りの方法、改善できることはいくらでもある。それは自分で考えること。「わかりたい。もっとできるようになりたい」という気持ちを常に持って授業に臨んでほしい。分からなければ、もっと質問して授業中に理解しようという姿勢が大切。

○行事について

 来週には文化祭が行われます。夏休み中から生徒会や団体毎に準備を進めていた様子も見ました。授業と文化祭準備のメリハリをしっかりつけてこその、当日の盛り上がりだと

思います。川高生の可能性を感じる場となることを期待しています。2年生の長崎への修学旅行も控えています。その日に向けた準備をしっかりしてほしいと思います。

○情報と知識は違うということ

 今の時代は情報を得ようと思えば、インターネットで何でも得ることができます。スマホや電子辞書で検索すればわからないことも知ることができるでしょう。

 しかし、情報を取捨選択し、自分にとって有益な情報を選択できる力を身に着けること、それを使いこなす力が必要になります。その上で、将来に向けて知識として定着させることが今の皆さんには必要です。

 手軽にやり取りできる情報と本当の意味での知識は全く違います。その場しのぎではなく、知識を積み重ねること、これが、将来の自分はいくつものハードルを乗り越える力となります。そのために知識の定着、実力を蓄えるのです。2学期に皆さんに一番意識して取り組んでもらいたいことです。期待しています。

○3年生は実りの秋、これから実力は高まる

 最後に、3年生。夏休み中に校内の補講や予備校等の夏季講習に参加し、頑張った人たち。成果が実力となって現れるのはこれから。決して諦めることなく、妥協することなく、自分の目標を追い求めてもらいたい。まだまだこれからが頑張り時、現役生の実力がピークとなるのは年明けと言われる。焦らずに努力を続けること。一人一人の頑張りに期待しています。