校長日誌

2019年6月の記事一覧

【校長日誌】

 令和元年度 第1回学校評議員会を開催しました。
本年度も5名の学校評議員の皆様に学校に対する意見、助言をいただき学校教育活動の改善を推進していきたいと思います。
今回は、6時間目の授業を見学していただき、その後学校自己評価シート等をもとに本年度の目標と具体的な方策について意見等をいただきました。
高い志を持って挑戦する心と自ら考え行動することをベースとして教育活動を推進し、学力上位層をさらに伸ばす取り組みについてご理解いただきました。
・授業見学 2年英語

【校長日誌】

 昨日、全国高校総体(インターハイ)県大会が行われ、女子バレー部は、2年ぶりに進出した県大会で見事な勝利を収めました。フルセットの激戦となった1回戦、3セット目も
20点目を先に取られましたが自分たちのプレーを貫き逆転で勝ちました。
〇1回戦   県立川口2-1浦和一女
     (21-25、25-14、25-22)
●2回戦   県立川口0-2国際学院
      (17-25、18-25)
 よく自分たちで考えながら練習に取り組み、顧問の先生も選手の主体性と対話を大切にした練習をしていました。3年生はこれで引退だと思いますが、バレーを通して成長したことに自信を持って次のチャレンジに向かってほしいと思います。 

【校長日誌】

〇ウエイトリフティング部全国大会へ5名が進出。
昨日行われたウエイトリフティングインターハイ県予選の結果、
4名(守屋3年、白岩2年、ファム2年、青柳2年)が全国高校総体(インターハイ7/31~沖縄県糸満市)に埼玉県代表としに出場することになりました。
また、女子全国選手権(7/19~長野県松本市)に佐藤(2年)さんが出場することになりました。
他の部員もベストを尽くしていました。
 
〇ラグビー部7人制大会で県ベスト8
第6回全国高校ラグビー7人制大会埼玉県予選が6/15.16に熊谷ラグビー場で行われ、
初日の1次トーナメントでは上位シードの伊奈学園に7-5競り勝ち、ベスト8に進出。2日目の準々決勝は惜しくも上位シードの川越東に12-14惜しくも敗れましたが、はつらつとしたプレーは会場を大いに盛り上げたそうです。
先週の国体予選で県6位(花園予選10シード権獲得)となったことに続いての県上位での活躍は、今後が楽しみです。

【校長日誌】

 体育祭、遠足と行事も無事に終わり、期末考査まで落ち着いて学業に励む時期になりました。また今日までが校内授業見学期間ならびに教育実習期間であり、教育実習生のほとんどが本日実習最終日を迎え、緊張の中で研究授業を行っていました。大学生活のことや進路についての経験談などを通して後輩たちにもよい刺激を与えてくれました。
 
 激戦区の南部地区予選を久しぶりに突破し、県大会(出場32校)に進出した男子バスケットボール部は、強豪川口北高校に果敢に挑みました。試合は敗れましたが、チームが一丸となって頑張りました。3年生はこれで引退だと思います。最後に県大会に進んで堂々とプレーしたこととこれまでの努力に自信を持って、次のチャレンジに向かってください。

【校長日誌】

 吹奏楽部の第7回定期演奏会を観てきました。
この演奏会のために8か月の練習を積み上げてきたと部長のあいさつがありました。
3部構成の素晴らしい演奏会でした。